BLOG
本製品は洗ってから使うの?
キャップやボトル、スクリューカバーなどは食器と同様に柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってからお使い下さい。また、電極がついているベース部分は生活防水設計になっておりますが、ジャックキャップが閉まっていることを確認した上で軽く水で流す程度にしてください。

Lita水素ボトルのジャックキャップ

電極板は水洗いだけで良いですか?
普段は軽く水洗い程度で大丈夫です。しかし、水を電気分解する上でカルシウムなどが付着するため、電極板は、白い付着物が目視できましたらクエン酸で洗浄して下さい。このとき、ジャックキャップを必ずしっかりと閉めて下さい。水が入りますと、故障の原因となります。
届いてすぐに水素生成できますか?
使いはじめは、一度満充電にしてからご使用下さい。
電極の間にあるフィルターは何ですか?
水素発生量を高めるための特殊なフィルターです。
水素生成中に水素の泡が見えないのですが、故障でしょうか?
に溶け込んでいる水素は、目に見えませんので故障ではありません。目に見えている泡は、酸素と水素の集まった泡です。水素濃度とは、全く関係ありません。
充電しながら、水素生成をしてもよいですか?
バッテリーに負荷がかかり故障の原因となりますので、ご遠慮下さい。
水素は生成後、どれくらいの時間残っていますか?
生成した水素水は、2~3時間は溶存しています。しかし、できるだけ水素水を飲む直前に生成して下さい。
水素生成した水を沸騰させて利用できますか?
生成後の水素水を沸騰させると水素は抜けてしまいます。
お湯を水素生成してもよいですか?
スペアボトルの耐熱温度は、60℃までですが、水素生成は40℃までを推奨しております。
浄水器やウォーターサーバーの水を使ってもいいですか?
逆浸透膜(RO)の水は、生成できません。
バッテリーの寿命はどれくらいですか?
リチウムイオンバッテリーの寿命は、1日2回充電して、1年半くらいが目安となります。
バッテリーの交換方法は?
有料で交換しますので、(株)WCJ06-6195-8261までお問い合わせください。交換費用は、6,000円(税抜)です。バッテリー交換と洗浄を行います。なお、送料はお客様負担となりますので、ご承知おき下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly