BLOG

お手軽に水素を体に取り込む方法があります(^^♪ お風呂では、水圧の関係で心臓に負担がかかってしまうことがあります。 心臓の弱い方や、高齢者の方は、部分浴をされると良いと思います。

●足浴

足湯

バケツに40℃~42℃のお湯を張り、くるぶしから指3本くらいの深さまで足を入れます。

ひざ下は、人の血管の50%が集まっているので、足湯だけでも十分です。

足の裏の皮がやわらかくなるので、お手入れにも最適です。

ただし、冬はお湯が冷めるので、熱いお湯を足しながら実施することをオススメします。

 

●手浴

手湯

洗面器に40℃~42℃のお湯を張り、手首の上までつけます。

特に手首をしっかり温め、その間に手の指を曲げたり、伸ばしたりすると良いでしょう(^^♪

●肘浴

肘浴

洗面器に40℃~42℃のお湯を張り、肘から上腕の半分くらいまでつけます。

 

●座浴

座浴

大きめの洗面器やたらいにぬるめのお湯を張って、お尻を入れます。

また、バスタブに20cmほどお湯を張り、お尻を入れてもOKです。

 

●頭浸浴

頭浸浴

湯船にぬるめのお湯を張り、耳がしっかり隠れるくらいまで、上を向きで頭を入れます。

※頭浴は、心臓への負担がかかりますので、体調に十分気をつけて行って下さい(^^♪

 

★時間は、いずれの部分浴も5~10分程度です。

★水素生成のあと、お好みのアロマの精油を1滴垂らしていただくと、香りもたのしめますね(^_-)-☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly